--.--.-- --:--|スポンサー広告| コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連記事


ほんと、日本の恥
2014/09/01 00:46
Post any comments




hitono.png

1: 丑子φ ★ 2005/08/05(金) 21:05:36 ID:???0


 タイたばこ専売公社(TTM)は3日、外資系のたばこ会社3社とともに、
厚生省が来月に導入する小売店のたばこ陳列販売の禁止措置に反対する
方針を表明した。たばこ規制に対し、TTMが外資系企業と協力するのは初めて。
TTMは「消費者や販売業者、メーカーの権利を侵害する措置」と批判し、
同省が方針を撤回しない場合は提訴も辞さないとしている。

 4日付各紙によると、TTMとともに反対を表明したのは米系フィリップ・モリス
(タイランド)、英系ブリティッシュ・アメリカン・たばこ(タイランド)、
日本たばこ産業の海外部門子会社JTインターナショナル。TTMは政府の厳しい
禁煙対策ですでに売り上げが減少しており、コンビニエンスストアなど
小売店での陳列が禁止されれば大打撃になると警戒しているもようだ。

 たばこの宣伝・広告は現在、たばこ規制法によって禁止されているが、
同省は今年5月、小売店内の陳列販売も禁止する方針を決定した。
世論調査の結果を踏まえ、陳列が宣伝に該当すると判断した。
先月下旬には業界に対し、来月24日に禁止措置を施行すると通告した。

 これに対し、TTMは「18歳以上の消費者は好きなたばこを選んで喫煙する
権利があり、販売業者には陳列場所を選ぶ権利がある」などと主張。
今回の禁止措置を禁煙推進派は歓迎しているが、TTMは、喫煙者の削減よりも
粗悪で安価な偽造品のはんらんを招くとし、実効性がないと批判している。

 フィリップ・モリス(タイランド)のライリー社長は「重要な点は18歳未満の
子供が喫煙するのを防ぐこと」とし、対策のピントがずれていると指摘。対案として、
台湾やシンガポール、オーストラリアのように1銘柄につき1個の陳列に制限することや、
18歳未満に販売した業者に対する罰則適用の強化などを提案している。

NNA http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050805-00000042-nna-int

4: 名無しさん@6周年 2005/08/05(金) 21:12:32 ID:nu+52qNL0

JTが日本の恥になりつつある件について



引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1123243536/

関連記事


ほんと、日本の恥
2014/09/01 00:46
Post any comments




プロフィール

嫌煙速報

  • 管理人:嫌煙速報
  • タバコに関するニュースや話題をまとめます
  • 痛いレスは赤字、たしなめレスは青字です
  • 速報と言いつつ遅報なことが多いです
  • 風化させたくないので古くても取り上げます
お知らせ
21世紀はタバコ撲滅の世紀に。
カテゴリ
アーカイブ
タグ
ブログを検索
カウンター
食事中 臭い思いは したくない
口コミグルメサイト 禁煙スタイル
アンケート




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。