hitono.png

1: 依頼515@試されるだいちっちφ ★ 投稿日:2007/03/07(水) 13:09:17

★JT、英ギャラハー9日買収へ 海外たばこ事業統合

 JTの木村宏社長は6日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、日本企業による
M&A(合併・買収)としては過去最大となる英たばこ大手、ギャラハーの買収について、
「手続きは順調に進んでいる」と述べ、3月9日に予定されているギャラハーの臨時株主総会で
正式に承認されるとの見通しを示した。
 また、木村社長は、「海外たばこ事業を統括するJTインターナショナルとギャラハーを統合し、
一体的にマネジメントすることで海外たばこ事業を強化できる」と述べ、成長が期待できる
海外事業の拡大に意欲を示した。さらに、海外たばこ事業とともに強化を急いでいる食品事業に
ついて、「よい案件があれば、いつでもM&Aは考える」と述べた。
 ギャラハー買収は、すでに2月22日にEU(欧州連合)委員会からの承認は得ており、9日の
英国裁判所の審問を経て、同日の臨時株主総会で正式決定される予定。買収総額は、
97・5億ポンドで現在のレートで約2兆1853億円に上る見通し。
 6日にはロシアと南アフリカの公正取引委員会から英ギャラハーの買収について独禁法上
問題はないとの承認を受けた。新興成長市場のロシアと南アフリカでの承認は、海外事業拡大の
追い風となる。

 JTでは、国内たばこ市場が少子高齢化や嫌煙運動の広がりで縮小するなか、ギャラハー買収
により、需要が伸び続けている新興国を中心とした海外事業の強化を加速させる考えだ。

【会社概要】ギャラハー

 「ベンソン&ヘッジス」や「メンフィス」、「シルクハット」などのブランドを持つ世界第5位のたばこ
メーカー。2005年の世界市場のシェアは3・1%で、世界3位でシェア7・8%のJTと合わせると、
世界2位の英ブリティッシュ・アメリカン・タバコの12・2%に迫る10・9%に達する。主に欧州で
事業展開しているが、ロシア、カザフスタンなどでも高いシェアを占めている。

FujiSankei Business i. 2007/3/7
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200703070003a.nwc
別記事でインタビューあります
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200703070029a.nwc


10: 名無しさん@七周年 投稿日:2007/03/07(水) 13:14:22 ID:nNAHsj0c0

海外になら有毒であると判っているものを売ってもいいのか?
ある意味死の商人だな

23: 名無しさん@七周年 投稿日:2007/03/07(水) 13:29:44 ID:H16LKwcAO

考えが甘いな
煙草は法律で禁止されるよ近い将来


45: 名無しさん@七周年 投稿日:2007/03/07(水) 14:48:17 ID:gCC9ILmd0

>JTでは、(中略)需要が伸び続けている新興国を中心とした海外事業の強化を加速させる考えだ。

途上国から搾取する道を選んだか…極悪企業だな。


63: 名無しさん@七周年 投稿日:2007/03/07(水) 15:58:14 ID:4xqI3dgA0

いよいよ世界に向かって健康被害と火災のタネを売りまくるわけですね。


67: 名無しさん@七周年 投稿日:2007/03/07(水) 16:31:53 ID:RU99zO0w0

よくJTのCMで社会貢献活動をアピールしてるけど、本業が本業だから意味無いじゃん!


72: 名無しさん@七周年 投稿日:2007/03/07(水) 22:02:46 ID:znx1YtiI0

国外で売るって言うけど昔のアヘンみたいにそのうち思いっきり怨まれるんだろうな
JTだけでなく日本という国まで
jTの大株主国だから言い逃れなんて出来ないしそのうち大変な目に遭いそう



引用元:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1173240557/

関連記事


Post any comments




プロフィール

嫌煙速報

  • 管理人:嫌煙速報
  • タバコに関するニュースや話題をまとめます
  • 痛いレスは赤字、たしなめレスは青字です
  • 速報と言いつつ遅報なことが多いです
  • 風化させたくないので古くても取り上げます
お知らせ
21世紀はタバコ撲滅の世紀に。
最新記事
カテゴリ
アーカイブ
タグ
ブログを検索
カウンター
食事中 臭い思いは したくない
口コミグルメサイト 禁煙スタイル
アンケート